2007年05月30日

女優界も「ハニカミ王子」世代に注目!

「ハンカチ王子」こと早稲田大学・斎藤佑樹投手が、新人で開幕3連勝を記録するなどの活躍。斎藤投手と同学年には、マーくんこと楽天・田中将大投手をはじめ、才能あふれる逸材がそろい「ハンカチ世代」と呼ばれている。そして斎藤に続く「新・王子」として大注目されているのが、ゴルフ界に彗星のごとく現れた「ハニカミ王子」こと石川遼選手。今年高校1年生になったばかりで、今後の活躍が大いに期待されている。

 そんななか、女優の世界でも、この「ハンカチ世代」と「ハニカミ世代」が注目の存在となっているのだ。
斎藤投手と同じ学年の女優では、堀北真希、新垣結衣、戸田恵梨香、黒木メイサなど、今後のドラマ、映画界の中心になりそうな逸材が多数存在する。他にも映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』などに出演の佐津川愛美、ドラマ『帰ってきた時効警察』などで注目される小出早織、朝日新聞のポスターなどでも知られる藤井美菜、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』に出演した渋谷飛鳥、映画『初雪の恋』などに出演の森田彩華などがいて、層の厚さが際立っている。
それに続く世代として注目されるのが、その3学年下、石川選手と同学年の91年(〜92年3月)生まれ、現在の高校1年生世代である。
芸能界には「3年周期説」というのがある。逸材が集中する学年が3年ごとにあり、「ハンカチ世代」の3学年上の85年(〜86年3月)生まれは、宮崎あおい、蒼井優、上戸彩、加藤ローサなど、現在の映画、ドラマ界の中心人物が多数。
 さらに、その3学年上の82年(〜83年3月)生まれには、深田恭子や加藤あいらがいるほか、あの宇多田ヒカルもこの学年である。

 同世代に優秀な人材が多くいることで、お互いが切磋琢磨され、成長が促進されるのだ。それはスポーツ界ではもちろん、芸能界でも共通するのかもしれない。
 これからのドラマ、映画の世界、特に91年生まれの「ハニカミ世代」に注目する必要がありそうだ。   (引用 YAHOOニュース



スポーツ界も芸能界も一緒なんだね〜ひらめき

posted by ユウ at 10:25| 女優 蒼井優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。