2007年08月22日

香川照之主演&蒼井優ヒロインでカンヌ狙う…韓国ポン監督新作

実力派俳優・香川照之(41)が韓国映画史上最大のヒットを記録した「グエムル−漢江の怪物−」のポン・ジュノ監督作に主演することが21日、分かった。レオス・カラックス、ミシェル・ゴンドリー監督とともにメガホンを執る東京を舞台にしたオムニバス映画「TOKYO!」の一本だ。題名は「Shaking Tokyo」で、11年間引きこもりを続ける男(香川)がピザ店の配達の女性(蒼井優)に恋をし、勇気を出して外の世界に出ると、東京中が引きこもりになっていたというストーリー。

 ポン監督は「日本最高の演技派俳優。『鬼が来た!』『ゆれる』で、強烈なインパクトを感じるとともに、感動を覚えました」と起用を決め、香川を想定して、脚本を当て書きした。

 香川も「俳優なら誰もが一緒に仕事をしたい監督。こんな機会はめったにない」と多忙ながらも、即答だったという。「自分は本来、引きこもり気質。僕自身を出していけばいいかと思っている」と意気込んでいる。

 蒼井も「日本を代表する青春スター」という監督の指名で決定。海外の監督との仕事が初めてとなる蒼井は「映画があらゆる垣根を越えられることを、映画祭などで感じてきましたが、今回はそれを現場で感じられるのでは…と期待しています」と楽しみにしている。

 30分程度の短編ながら、ポン監督は撮影準備のため1か月半前から来日するなど「殺人の追憶」「グエムル」での完ぺき主義者ぶりを見せている。映画は22日から都内でクランクイン。ほかの2本と合わせて、来年5月のカンヌ国際映画祭出品を目指す。
     (引用 YAHOOニュース



いい作品になるといいですねわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
posted by ユウ at 12:42| 蒼井優 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。