2007年10月12日

松ケンが永作博美に本気で恋した?「人のセックスを笑うな」完成

20071010-00000005-eiga-movi-thum-000.jpg
[eiga.com 映画ニュース] 永作博美と松山ケンイチが10月9日、スペースFS汐留(東京・新橋)にて開催された主演映画「人のセックスを笑うな」(08年正月第2弾公開)の完成披露試写会で、共演の蒼井優、忍成修吾、監督の井口奈己とともに舞台挨拶を行った。

 「人のセックスを笑うな」は、19歳の美術学校生みるめ(松山)と20歳年上の講師ユリ(永作)の恋を描いた青春映画。「これまでは役にどれだけ自分を近づけるかを意識してきたけど、今回の役は僕自身といっても過言ではない。カメラの前にいる自分が現実かと思うくらい楽しめた。この作品は、僕のためにあるのではないかと思ったほど」と熱く語る松山は、実年齢でも15歳年上の永作に「本当に恋してしまったようで、今日も会ったらドキドキした」と舞台上で“告白”。「永作さんは色っぽいので見とれてしまう。距離が近くなればなるほど、その笑顔を独り占めできる。僕の宝物です」とベタ惚れの様子で、今月14日に37歳の誕生日を迎える永作に、用意された花束をひざまずいて捧げ、場内を熱くさせた。

 そんな熱烈ラブコールを受けた永作は、年下の魅力を「若さゆえの葛藤」とコメント。松山についても「何事にも本気で悩み抜いて、真摯に芝居をしていると思った」と、その悩む姿を温かく見守っていた様子。20歳年下との恋愛については、「頭で考えれば出来ないけど、好きという感情はそれが全て。好きになってしまえば、何も考えずに突き進んでしまうかも」とその可能性を示唆。現実にも松ケンにチャンスはある?

 一風変わったタイトルの本作だが、原作は第41回文藝賞を受賞した山崎ナオコーラの同名小説。井口監督は「タイトルに“セックス”と入っているだけで、ロケ地から撮影を断られたりした。そのたびにポルノ映画じゃないと説明しました(笑)」と苦労話を明かし、それを受けて松山も「ポルノじゃないですから。恋愛映画ですけど、人の汚い部分もずるい部分も描いた人間ドラマとして見てほしい」と締めくくった。
     (引用 YAHOOニュース

posted by ユウ at 13:21| 蒼井優 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。